昨年の稽留流産(子宮内容物除去)掻爬手術②※少グロ

手術の前日。
一泊入院のため総合病院へ向かう。

麻酔をするので術後運転が出来ないので車では来ないで下さいとのことで、病院までバスと電車で1時間の距離をトボ②と向かった。

何気ない日常なのに、周りをすれ違う人たちと自分が別の世界にいるような気分だった。


ー病院に着いて。

入院の部室に案内された。周りをみていなかったのであまり覚えていないけど、婦人科と産婦人科の病棟の階のようだった。

私のベッドは6人くらい入る大部屋の端っこのベッドだった。
隅っこで良かった。

これから検査とか色々あるらしい。
これが出産だったらな…なんて少し考えてしまった。
つわりもまだあったし、検査の結果間違いでしたー、なんてことないかなって何度も思っていた。

夕方、子宮口を広げる器具のラミナリアを入れると言われた。

でもなか②お呼びがかからない。
ラミナリアが痛いとネットで知っていたのでかなり緊張して気合いを入れていたのに013.gif

(ちなみに経産婦だと痛みを感じない場合が多いよう。私は第一子は、陣痛途中で緊急帝王切開、第二子は予定帝王切開のため、下から産んだことがないのです。なので痛いのか痛くないのかがわからない002.gif

夕飯後、先生がようやく空いたのかついにお呼びがかかった。

緊張したのも束の間、全くといっていいほど痛くなく、すんなりラミナリアの処置が終わった。


ーなんだ。案外ユル②なんか?あたし。


と、処置の前に処女のごとき緊張感を持ってしまった自分を恥じた。


夜8時頃、仕事帰りに彼が病院へ寄ってくれた。

もう時間も時間なので、数分だけ話した。

あぁ、赤ちゃん今夜で最後なんだな。

なんとなく実感がわいてきた。
そんなもん実感なんてしたくないけど。

夜、ラミナリアがじんわり子宮口をこじ開ける感じがジワ②とあった。
耐えられない痛みではなかった。

消灯してから、寝つけなかった。

廊下から赤ちゃんの泣き声が聞こえた。

そっか、産婦人科も同じ階だからか。

これは酷だった。

総合病院だからしょうがないのか、でももう少し考えて欲しい。
赤ちゃんダメだった人間にこれは酷だよ…。

あまり眠れず、虚ろ②してると朝6時半になり、朝の検温で強制的に起こされた。

眠い…(>_<)

昼前に手術とのこと。

昨日の夜9時から飲食禁止のため、食べづわりの私には少々きつかった。

手術が始まって、全身麻酔をされてすぐに意識が遠のいた。

気づいたら手術も終わり、パンツを履かされ、ストレッチャーで病室に戻されていた。

頭がフラフラして眠った。


突然の尿意で起き、トイレに向かおうとするけれど麻酔が効きすぎていて足がもつれてまっすぐ歩けない。
麻酔からくる吐き気もすごい。
看護士さん2人に抱えられながらトイレに行った。

あとは朦朧としていて覚えていないけど、数時間できえるはずの麻酔は夕方になっても頭に残り、かなりつらかった。

夕方くらいには退院してくださいと言われてたので、まだ実験後のマウスのようだったけど、なんとか自力で壁をつたいながら起き上がって身支度をした。

手術代と入院費を含め、6万くらいだった。
会計を済ませたらあとは覚えていない。

死にそうな顔で電車にのり、バスにのり、家路についたんだと思う。
by miyayu295 | 2014-03-24 12:33


25歳で2児の母となるも離婚→再婚し流産を経て…現在37歳で最後の高齢出産に挑む私の妊娠経過と妊娠Q&Aブログです。


by miyayu295

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
買い物
食事
妊娠Q&A
妊娠初期
妊娠中期
つわり
妊娠後期
出産
育児
未分類

以前の記事

2016年 08月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

お久しぶりすぎる更新。。小児..
at 2016-08-26 05:10
小児難聴 ASSR検査、小児..
at 2015-01-17 03:26
お久しぶりです。その後のこと。
at 2015-01-17 02:13
最後のブログ。閲覧ありがとう..
at 2014-10-20 17:06
産後7日目。退院の日。
at 2014-10-03 12:58

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

妊娠・出産
30代

画像一覧